耳が遠くなった愛犬

相変わらず雪の少ない北陸・金沢。
昼になると道路の雪は消えます。

e0372664_14054729.jpg


e0372664_14072894.jpg

朝、よく出会う方です。
アールを可愛がってくれて、
少しの間、立ち話をします。

この方のワンちゃんは、10才の黒ラブだそうです。(だったと思います)
やはり、ついついシニア犬の話題が中心になりますね。

e0372664_14085954.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ここ最近、アールの耳が遠くなった事を実感しています。
名前を呼んでも反応しない。
(・・知らん顔してる訳じゃないと思うけど ☺️ )

少し大きな声で呼ぶと反応しますが、
咄嗟に、声の方向と違う方を向いたりする事があります。

それと、これは以前からだけど、
例えば、公園内で私の姿を見失ったりするとキョロキョロ探す・・・。
これに対して、私が声を出したり手を叩いたりして居場所を知らせる。
この反応も最近少し鈍くなっているように思う。


実は、私も耳が遠くなってきています。
高音が聞き取りにくい。
(体温計の知らせる完了音の小さなピピピが聞こえなかったり)
原因は、アールも私も年齢からくるものでしょう。

人間の場合は「耳が遠くなった事」を自覚出来ます。
しかし、犬は、どうなんだろうと考えた。
「耳が遠くなる」と言う現象は認識(自覚)できないと思う。

もし、アールが実感しているとしたら、多分、
「色んな音のボリュウムが小さくなったかなぁ・・・」くらいなものかも知れない。
きっと、そんな感じだと思う。

野外でノーリードにする事も多々あるアール。
呼んでも聞こえないというのは問題。

そして、聞こえなくなった分、
自分(アール)の自己判断での行動に繋がってしまう事も予想される。
実際、そんな行動も少しずつ増えて来たように思う。
過去の習慣からの思い込み行動。

これから、気を付けないと!と思いを新たにしています。
もうすぐ13才のアール。
OO才のオヤジの私。(自分の年齢は伏せる ☺️)

がはは! 共に行こうぜ高齢化社会!!?



念力で、、、、ドアは、

e0372664_14385639.jpg

開かないのダ!

e0372664_14395121.jpg


春よ早く来〜い!

んじゃ!


↓「ポチ用」写真!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


[PR]
by Earlbach | 2017-02-13 14:42 | アール